水上温泉

2007年04月11日

水上温泉 観光スポット

◆みなかみの森・トリックアート美術館
諏訪峡遊歩道の入口に隣接する自然豊かな絶好のロケーションにあります。 谷川岳が一望できる展望台や、水上温泉を訪れた歌人・詩人・俳人15人の文学碑をめぐったり、「トリックアート美術館」では見て、触れて、カメラ片手に不思議体験!鑑賞のあとはコーヒーコーナー、ショッピングをお楽しみください。名物は自家製菓子「水上あんど」。車椅子・ベビーカーでも、館内の見学、お手洗いなどの利用が出来ます。

◆TEPCO電源PR館・奥利根
利根川は首都圏の電気をまかなう重要な役目も担っています。TEPCO奥利根では水力発電の仕組み、送電方法などをゲームやCG、模型を使いやさしく学習できるのでお子様にも人気。車椅子・ベビーカーでも、館内の見学、お手洗いなどの利用が出来ます。

◆水上峡・諏訪峡大橋
水上峡と諏訪峡大橋の2箇所をライトアップしております。(写真は諏訪峡大橋)
水上峡のライトアップは湯原橋から水上橋の間480mの利根川の流れを幻想的に照らしています。水上橋から上流を眺めると淡い照明に流れのひだが浮き上がり美しい。

◆道の駅・水紀行館

利根川水系の渓流水槽や、淡水で日本初のトンネル水槽がある淡水魚水族館で、世界初のフルCGによるストーリー解説も楽しい、家族で楽しめるスポット。諏訪峡遊歩道の散策にも便利。車椅子・ベビーカーでも、館内の見学、お手洗いなどの施設の利用が出来ます。

◆天一美術館

谷川岳を望む高台に建ち、岸田劉生、佐伯裕三、ピカソ、マチスなどの名画をゆったりとくつろぎながら鑑賞できます。岸田劉生の「麗子像」は3点有り。

◆谷川岳ロープウェイ

谷川岳土合口から天神平までロープウェイで約10分、美しい展望とスリルに満ちた空中散歩が楽しめます。標高1500mの天神平は谷川岳を目の前に見ることができ、四季折々に変化する美しさと雄大なパノラマに圧倒されます。特に紅葉の季節はお見事の一言。登っていくにつれ、あでやかな色を変えていく景色に感動するでしょう。
2005年9月13日最新型ロープウェイ「フニテル」が運行開始となりました。この最新型ロープウェイの登場は、日本では箱根ロープウェイが1番め、蔵王ロープウェイが2番め、そして谷川岳ロープウェイが3番めです。
今までのロープウェイと変わったところは、1台あたりの輸送人員が8名から22名に増え、乗車時間(最速)も10分から7分になりました。

posted by 水上温泉 at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3713647

この記事へのトラックバック